素人が選ぶ間違いだらけのロードバイクホイール選び

0

    さて、少し冷静になってどんなホイールがいいのかまずは

     

    じっくり考えます。

     

     

    (臣呂任諒振兮度を上げたい。ひたすら速く走りたい。

     

    ▲撻瀬襪領呂鰺召垢海箸覆推進力に変えてほしい。

     

    B儺彑は高い方が良い。長く使いたい。

     

    し擇気蓮ΑΔ泙,修鵑覆暴纏襪靴討泙擦鵝

     

    ゥリンチャーであること

     

     

    ,魯螢爛魯ぅ箸やはりポイントになると思います。

     

    速度を上げると空気抵抗が増大しますから。

     

    アルミのリムホイールにおいては35mmくらいが最高のようで

     

    それ以上はカーボンリムになる模様。

     

    空力を求めるならやはり40〜50mmは欲しい。

     

    しかし、リムが高ければお値段も上がるというジレンマ。

     

    あと、スポークの空気抵抗もバカにならない。

     

    スポークの本数が少なく短い方が空力にはいいけど剛性や耐久性も・・・。

     

    っとこれもジレンマ。

     

    でも、リムが高いとリム剛性が上がりスポークの本数も少なく長さも短くできる。

     

    リムハイトが高いというのは色々な面で有利と思われる。

     

     

     

    △倭澗療に剛性が必要。これもポイントはリムだと思われる。

     

    構造物を硬くするには材料を沢山使い大きくすればよい。

     

    でも沢山使うと重くなる。

     

    逆に言えば重いものは剛性が高いと言える。

     

    材料を沢山つかい、大きくとなると自然とリムハイトも高くなる。

     

    リムの高いホイールは硬いと聞くのでそういう事なんだろう。

     

     

    しかし、世の中軽い方が良いという風潮がある。

     

    世の中には私の知らない物理法則だとか機械や材料の技術があるのか?

     

    軽いのと重いのとではどれほど効率が違うのか?

     

    謎です。

     

     

    これ大事。ちょう大事。

     

    高価ですぐ壊れるとか要らない。

     

    丈夫さ(強度)を上げるには△暴爐困襦

     

    しかし、自然に重さは増えてしまう。

     

    逆に言えばやたら軽いホール・リムは結構この辺が犠牲になってると

     

    思われる。

     

     

    軽くて丈夫な素材ってないのかね?

     

    って、それってカーボン繊維か。

     

    軽くて、丈夫で、安くて・・・ってさすがにないか。

     

     

    しかし、カーボンリムの場合「リムブレーキ熱問題」がある。

     

    今は各社研究が進んでるが果たして・・・。

     

     

     

    ぞ綉 銑を満たすには軽さは二の次になってしまう。

     

    しかし、本当に軽量なホイール(リム)は速く走れるようになるのだろうか?

     

    以前、リムよりもっと外側にあるタイヤで実験したけど重さはそれほど

     

    スピードに直結しない気がする。

     

    フィーリングは良くなったけどね。

     

    むしろ軽いことによる弊害はないのだろうか?

     

    軽くすれば剛性が下りパワーをロスしないのか?

     

     

     

    ゥ船紂璽屮譽慌,靴了代ですが、私にとってまだクリンチャーのほうが

     

    メリットが多いと判断しました。

     

    ・クリンチャーの転がり抵抗の低さは侮れない

    ・チューブレスレディのシーラントは半年で入れ替えないといけない

    ・タイヤがさけるようなパンクにはシーラントは無力

    ・タイヤの種類が少ない

    ・タイヤも価格が高い

    ・施工が少し大変そう。出先でタイヤが裂けてタイヤブートとチューブで

    復旧するにしても出先で正確に作業できるのか?

     

    っと、いう事で私はチューブラー派です。

     

     

     

    ここで、「ハブの回転は?」と思われるかもしれませんがハブの回転は

     

    気にしてません。

     

    だって、ハブって回転体なわけでその回転を支えてるのは

     

    ベアリングなわけで、これらは回転するように作られてるわけで

     

    そもそもが効率が良いのです。

     

    基本的にどんなもの使っても回転はいいはずです。

     

    ハブの違いを、われわれ素人には感じ取れないと断言します。

     

     

     

    上記をまとめると

     

    ・リムハイト40〜50mm

    ・カーボンリム

    ・チューブラー

     

    という事になります。

     

    しかし、カーボンリムはブレーキ熱問題があります。

     

    また、カーボンはなんだかすぐにダメになるイメージもあります。

     

    さてどうしたものか・・・。

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.03.10 Sunday
      • -
      • 19:28
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << March 2019 >>

      Weather

      archives

      recent comment

      • ロードバイクオーバーホール中のトレーニングをどうするか・・・考えた。
        オッター (12/28)
      • ロードバイクオーバーホール中のトレーニングをどうするか・・・考えた。
        ななし (12/27)
      • フィット君さようなら!!ようこそロードスター!!ロードスターが納車されました。
        オッター (08/08)
      • フィット君さようなら!!ようこそロードスター!!ロードスターが納車されました。
        ななし (08/08)
      • 話題のハンドスピナーを買って見ました。
        オッター (07/24)
      • 話題のハンドスピナーを買って見ました。
        ななし (07/24)
      • どうやって奥さんを説得したのですか?私がロードスターに乗れるわけ。
        オッター (07/09)
      • どうやって奥さんを説得したのですか?私がロードスターに乗れるわけ。
        ななし (07/09)
      • どうやって奥さんを説得したのですか?私がロードスターに乗れるわけ。
        オッター (07/09)
      • どうやって奥さんを説得したのですか?私がロードスターに乗れるわけ。
        ななし (07/09)

      recent trackback

      search this site.

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM