ママチャリのキャリパーブレーキをテクトロにしてみた。

0

    毎朝のポチの散歩に出かけようとしたらジオス・アンティーコ号が

     

    パンクしてました。

     

    仕方ないということで母のママチャリを借りて出かけたのですが

     

    なんかブレーキが変。

     

    音鳴りもひどいしちょっと点検してみっか。

     

     

     

    ママのママチャリ。

     

    たしか十数年前に一時不停止の車にぶつけられて廃車になった

     

    自転車の代替えです。

     

    母は打ち身で済んだのが不幸中の幸いでした。

     

     

    なんと、ナショナル製です。

     

    溶接綺麗だなぁ。

     

     

     

    そして名前はなんて読むかわからないけどその当時では

     

    高級だった(いまでもか?)アルミフレームです。

     

    なので一般的なママチャリより作りがしっかりしてます。

     

    重さも20kg以上あるんだけど・・。

     

     

     

    ブレーキはよくわからないシングルピボットのキャリパーブレーキ。

     

     

    お分かりかな?

     

    キャリパーの老朽化なのかもともと剛性がたりないのかわからないけど

     

    ブレーキをかけると前方に歪むだけでなくシューがタイヤに干渉してます。

     

    これはヤバイ。

     

     

    まぁ、ママチャリの速度ならこのくらいのブレーキで大丈夫と

     

    メーカーが判断したのか、それともその当時はこのくらいのブレーキでも

     

    高価だったのかわかりませんがちょっとお粗末ですね。

     

     

    リアには一応、シマノの「インターM」が奢られているので

     

    一応、高級車としての面目は保っているのかもしれません。

     

    ともかく、フロントブレーキの寸法を測ってアマで注文しました。

     

     

     

    TEKTRO(テクトロ) 900A FRONT SILVER BR-TK-161

     

    購入価格 1580円

     

    鍛造アルミのダブルピボットのブレーキがこんなに安く買えるとは・・。

     

    付属のシューは効かないと定評がありますが、まぁ別にママチャリだし

     

    不具合があったらシマノのものも検討します。

     

     

     

    新旧比較。

     

    あれ?

     

    寸法大丈夫か?

     

     

    アームの厚さがぜんぜん違うこれは効くぜ!!

     

    ちなみに旧のシューは摩耗して交換時期だったみたい。

     

    まぁ、ちょうどいい機会だったね。

     

     

     

    ロードで培ったノウハウでホイホイっと取り付け完了。

     

    一応、トゥー調整も行いました。

     

     

     

    やっべ、寸法ギリギリだ。

     

    この辺がド素人の怖いところです。

     

    もう一回り小さい800Aの方がよかったか・・。

     

    とにかく、取り付けできたから結果オーライ。

     

    ブレーキワイヤーに給油もしたからすごくスムーズ。

     

     

    ブレーキは利きが倍になった感じ。

     

    鳴きもなくなりました。

     

    よかったよかった。

     

    自己満足は満たされました。

     

    自転車って車やバイクと違ってちょっとした工具と知識があれば

     

    気軽にいじれるのが良いですね。

     

    楽しかった。

     

     


    ロードバイクはタイヤの重量が増えるとどうなるか実験してみた。

    0

      ロードバイクで速く走るというようなことを検索すると大体が

       

      「タイヤ」・「ホイール」の交換というワードが出てると思います。

       

      特にホイールは「軽量のもの」を押してきます。

       

      当然、軽量なものは使っている材料が特殊なためお高くなります。

       

      そんな大枚はたいて数百グラム減らしたところでそんなに影響あるかぁ?

       

      TCR1にデフォでついてたP-R2(通称:鉄下駄)だってそれなりに走れるぞ。

       

      っと常々思っていました。

       

      正直言いますと今まで部品の重量なんて気を使っておりませんでした。

       

       

      そこで今回、あえて重いタイヤに履き替えてみました。

       

       

      今までは「ミシュラン リチオン2 25C(235g)」から

       

      「ビットリア ザフィーロ 25C(310g)」への交換です。

       

      前後で「約160g」の増量です。

       

      果たしてどうなるか・・。

       

       

      走ってみた結果ですが

       

      ・加速が鈍い

       

      ・巡行速度までもっていくのに辛く感じる

       

      ・巡行中もペダルが重く感じる

       

      でした。

       

      パワーメーターとか高価な機材はないのであくまでも官能検査というか抽象的な

       

      表現で申し訳ないのですが違いははっきり分かるほどでした。

       

      ホイールやバイク全体の重さは慣性の関係で巡行中は少ないエネルギーで

       

      速度維持には有利という意見もありますが、道は平たんではなく風もありますので

       

      その都度エネルギーはロスし、元の状態に戻すのにもエネルギーがいるのです。

       

      つまり巡行中も微妙な減速と加速は繰り返すので巡行に関してもそれなりに

       

      重量は軽い方が良いのでは?

       

      っと、思いました。

       

      80gでもこの影響力なのでホイールで数百グラムの軽量化は激変でしょうね。

       

       

       

      一応、官能だけでなく数値的なものもみると、

       

      速度がいつもなら平均速度が「30.5km/h」のコースが「29.5km/h」でした。

       

      (しかし、この日は風が強かったし(約4m)コンディションもあるので何とも言えませんが・・・)

       

       

      タイヤの重量は約32%も重くなったのに平均速度は約3%しか落ちてません。

       

      そう考えると感じている感覚よりもそれほど効率が落ちてるような感じはしませんね。

       

      さらに、例えば160g軽いホイールをつけても3%しか速度が上がらないのでしょうか?

       

      速度にすると約3〜4km/hしか変わらないことになります。

       

      (っと、思ったのですが同じ距離・速度でも重い方が疲労度大きいです。)

       

      いや、お金を出せばそれほどまでも変わると認識すべきなのでしょうか?

       

       

      もう少し乗り込んでみたいと思います。

       

       

       

       

       


      ロードバイク(14年 TCR01)部品交換履歴の覚書

      0

        ロードバイクの消耗部品を色々変えてますが、

         

        なんだかわからなくなってきたのでまとめます。

         

         

        2013年10月24日 新車到着

         

         

        <タイヤ交換>

         

        2015年3月29日 4000km 

         

        デフォルトのタイヤ摩耗のため→ミシュラン リチオン2 23Cへ交換

         

         

         

        2015年7月31日 6635km

         

        タイヤ破損のため同じくリチオン2 23Cへ交換

         

         

         

        2016年9月25日 12222km

         

        リチオン2 23Cからパナレーサーカテゴリー2 23Cへ交換

         

         

         

        2017年3月19日 14449km

         

        カテゴリー2破損・摩耗のためリチオン2 25Cへ交換

         

        2017年10月1日 18221km

        リアのリチオン25Cが摩耗のためかパンクが多くなってきた。

        フロントはまだ摩耗してないのでフロントをリアへ移植。

        フロントには不良在庫になっているリチオン2 23cを履かせました。

        23Cを使いきったら今度からタイヤは25Cにしようかと思います。

         

        2018年4月29日 21864km

        フロントのリチオン2 23Cがサイドカットのため交換。

        リアのリチオン2 25Cも摩耗してるので思いっ切って交換。

        リア・フロントともにビットリアの00000ザフィーロ 25C00000に交換。

        1本50gも重量UPで大丈夫か・・。

         

         

         

        <ブレーキシュー>

         

        2015年10月30日 8170km

         

        デフォ摩耗のため→シマノR55C3へ交換

         

         

         

         

        <ステム交換>

         

        2017年2月21日

         

        TOSEEK アルミステム110mmに交換。

        その後110mmステムが良かったのと、このステムの

        のネジが飛んだので、「シマノプロLTシステム110mmアングル6°」に

        交換しました。

        やっぱり、自転車の部品は命にかかわるので安いのはどうも・・。

         

         

         

         

        <チェーン交換>

         

        2015年12月19日 8888km

         

        2017年3月25日 14489km

         

        2017年11月25日 19002km

         

         

        <テンショプーリー交換>

         

        2017年3月30日 14612km

         

        2018年5月4日 21934km

        なんだか変速の調子が悪いチェーンは大丈夫だし・・

        テンションプーリを交換してみるも変わらず。

        ディレイラー側に倒してから調子悪いような・・。

        ハンガーは大丈夫そうだからディレイラー交換かなぁ・・・。

         

         

         

        <バーテープ交換>

         

        2016年12月18日 13214km

         

        2017年10月23日 18634km

         

         

        <ブレーキワイヤー&インナー>

         

        2016年12月18日 13214km

         

         

         

         

        <シフトワイヤー&インナー>

         

        2015年9月25日(ワイヤーほつれのためインナーのみ交換)

         

        2016年12月18日 13214km(ワイヤーほつれのためインナーとアウター交換)

         

        2017年11月25日 19010km(ワイヤーほつれのためインナーのみ交換)

         

         

        <SPDペダル>

         

        2017年9月5日 17742km 初の左クリート交換 

         

        2018年5月4日 21934km 

        左足のみどうしてもべダルが外れてしまう。

        クリートは交換したばかりだし・・。

        思い切ってMTBに装着してから全然使用してないPD-T420に交換。

        PD-A530 は約5年間約23000km使ってたことになる。

        それでもベアリングはピンピン。

        シマノスゲーな・・・。

        でも、外れる症状は変わらず・・?。

        クリートの固着力を上げたら治ったような・・?

        謎です。

         

         

         

        <リムテープ交換>

         

        2017年9月21日 17962km 初のリムテープ交換

         

         

        以上になります。

         

        どの部品も大体1万km位が交換目安かも。

         

        出来れば5000kmで交換が望ましいのかも。

         

         

        特にシフトワイヤーは5000km持てばいい方で切れてほつれると

         

        かなり交換が厄介です。

         

        4000kmほどで交換するのが賢いかもしれません。

         

         

        各種、気が向いたらリンクを張るかもです。

         

         


        | 1/33PAGES | >>

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << June 2018 >>

        Weather

        archives

        recent comment

        • フィット君さようなら!!ようこそロードスター!!ロードスターが納車されました。
          オッター (08/08)
        • フィット君さようなら!!ようこそロードスター!!ロードスターが納車されました。
          ななし (08/08)
        • 話題のハンドスピナーを買って見ました。
          オッター (07/24)
        • 話題のハンドスピナーを買って見ました。
          ななし (07/24)
        • どうやって奥さんを説得したのですか?私がロードスターに乗れるわけ。
          オッター (07/09)
        • どうやって奥さんを説得したのですか?私がロードスターに乗れるわけ。
          ななし (07/09)
        • どうやって奥さんを説得したのですか?私がロードスターに乗れるわけ。
          オッター (07/09)
        • どうやって奥さんを説得したのですか?私がロードスターに乗れるわけ。
          ななし (07/09)
        • NDロードスターSパッケージのお値段について。
          オッター (07/08)
        • NDロードスターSパッケージのお値段について。
          ななし (07/08)

        recent trackback

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM