鉄下駄ホイールはダメなのか?鉄下駄ホイールに愛を!!

0

    今年の1月に

     

    シマノ WH-RS100

     

    マヴィック コスミック プロ カーボン(CL)

     

    の2セットのホイールを購入しました。

     

     

    もちろん、メインはコスカボ。

     

    予備としてのWH-RS100です。

     

     

    で、ですね。

     

    今年はコスカボ君で大きな事故もなく無事に1万キロを達成したので

     

    自転車屋さんに整備を依頼しました。

     

    しかし、その間ももちろんTCR号に休みはありません。

     

    週4の私の自転車ライフに付き合ってもらいます。

     

    という事でWH-RS100を取り付けたのですが・・。

     

    色々と気が付いたので覚書です。

     

     

     

     

    まずは、スペックのおさらい。

     

    シマノ WH-RS100

     

    ・前後重量1897g(重!!)

    ・お値段約15000円(お財布に優しい)

    ・安定のシマノ

    ・下位グレードの完成車についてくる

    ・下手すると一度も使われることなくお蔵入り(涙)

    ・通称「鉄下駄」(汗)

    ---------------------------------------------------------------------

    マヴィック コスミック プロ カーボン

     

    ・前後重量1690g(ディープリムではまぁまぁの重さ)

    ・リムハイト 45mm(ディープリム!!)

    ・お値段約175,000円(!!。鉄下駄10セット分・・・)

    ・安定のマヴィック

    ・本当のカーボンディープリムでなくアルミリムへのカウルリム。

    ・なのでブレーキもガンガンかけれる

    ・なので初心者向けカーボンディープリム(なのに高すぎ・・)

    ・なので普段使いもOK(でも高・・。)

     

                   

     

    この2セットを比べれば当然コスカボ君がすぐれていると思います。

     

    なんせWH-RS100の10セット分の価格です。

     

    WH-RS100の10セット分の価格です。

     

    大事なので2回繰り返しました。

     

    これはいい仕事するでしょう!!

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

     

     

    しかし、現実は・・・

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

     

    実は、恥ずかしながら告白します。

     

    コスカボにしても鉄下駄ホイールとの違いが判りませんでした・・・。

     

     

    「え?こいつアホちゃう?」

     

    「鈍感すぎるやろ。wwwww」

     

    とか思われるでしょ?

     

    私自身、絶望しましたもん。

     

    なんせ17マ・・・。(涙

     

    よく聞く「軽くなった」「ギア1枚違う」とかまじか?って感じです。

     

    まぁ、軽量を謳ったホイールではないのでそのせいもあったかとおもうのですが・・。

     

    にしてもですよ、17ま・・・(涙

     

     

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

     

    良さがわかったのは半年後

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

     

    「きちんと正確にに回す」

     

    コスカボを使っているとこれだ!!

     

    という感覚がありました。

     

    正確なペダリングスキル。

     

    これこそが良いホイールを使う真骨頂でした。

     

     

    重い鉄下駄はついつい力任せに踏んでしまいます。

     

    しかし、それでは成長が頭打ちになります。

     

     

    いまでもうまく回せているとは思いませんが、これこそが肝だと

     

    気づかされました。

     

    そういう意味でもよいホイールというのはいいのかもしれません。

     

    また、

     

    「どんなに良い道具も使いこなせなければ意味がない」

     

    という事も痛感しました。

     

    高価な道具で速くなるわけでなくそれを使いこなすから速くなるのです。

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

     

    じゃぁ、鉄下駄は?

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

     

     

    で、コスカボで1万キロ走ってからの鉄下駄です。

     

    これが・・悪くない。

     

    なんだこの感覚。

     

    そして、100kmを走った平均速度ですがなんと!!

     

    コスカボ君とほとんど変わらない!!

     

    せいぜい1〜1.5km/h。

     

    うーん、10本分の仕事・・・どこいった・・。

     

     

     

    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

     

    鉄下駄とコスカボ、なにが違う?

     

    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

     

    平均速度は驚くくらい・・・本当に驚くくらい違いがありませんでした。

     

    まぁ、たしかにこれがレースなら全く違うクラスくらいの差がありますが・・・。

     

     

    ともかくWH-RS100

     

     

    シマノ WH-RS100とコスカボ何が違うのか忌憚なく

     

    インプレしたいと思います。

     

     

    ---------------------------------------------------------------------

    マヴィック コスミック プロ カーボン

     

    ・加速が良い

    ・全体に硬い印象

    ・そのせいか反応が良く調子に乗って踏むと足が売り切れる

    ・空気抵抗のせいか、条件が良いと40km/h以上を維持できる

    ・登りはそれほど得意じゃない

     

     

     

    シマノ WH-RS100

     

    ・加速が重い

    ・なのでコスカボの感覚で加速させると足が売り切れる

    ・でも、ゆっくりスピードに乗せるとちゃんとスピードがでる

    ・空気抵抗のせいかコスカボと同じ好条件でも38km/hくらい

    ・リムというよりスポークが柔らかい印象

    ・なので疲労が少ないように感じる

    ・ハブが良いのか回転は気持ちいい

    ・意外に登る!!なぜか登る。同じ山でもコスカボより1km/hくらい速いと思う

     

     

     

    鉄下駄、捨てたもんじゃありません。

     

    これがレースで使うとかはさすがにしんどいでしょうけど。

     

    なんせ、コスカボの1/10値段で意外にフィーリングは良いし意外に上る。

     

    上手に使えば疲労も少ない。

     

    手荒く扱っても惜しくない

     

    下位グレードの完成車にはぴったりですわ。

     

    適材適所という言葉がありますが用途に合わせれば鉄下駄も悪くないです。

     


     

    レースみたいな条件では同じ実力同士の人が使えばコーナーの

     

    立ち上がりでじりじりとコスカボには離されるだろうなと思います。

     

     

    あと、何人かでツーリングする場合。

     

    信号待ちとかで離されるでしょうね。

     

     

    青になってスタート、

        ↓ 

    うわ、じりじり離される!!

        ↓

     頑張って踏む

        ↓

      また赤信号

     

    なんてのを数回繰り替えしたらあっという間に売り切れですよね。

     

    なので下位グレードの初心者を連れていく場合はゆっくり加速してやるくらいの

     

    気遣いは必要かもしれません。

     

     

    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------

     

    まとめ

     

    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

     

    結局なにが言いたいの?

     

    って事でまとめます。

     

     

    ・良いホイールに変えたからと速度が5km/hも10km/hも変わるわけではない。

     

    ・どんなに良い道具も使いこなせなければ意味がない。

     

     

    ってことです。

     

     

    これを念頭にホイール交換を検討していただけたらと思います。

     

    個人的には平均速度25km/h以下の速度で走るならWH-RS100で必要十分です。

     

    それでも変えるのならドレスアップとか(リムが高いとかっこいいよね)フィーリングを

     

    楽しむくらいの気持ちで交換したらいいのではと思います。

     

     

    ホイールも良いですが、常にチェーンを綺麗にしてよいタイヤに替える方が

     

    コスパが良いし効果がわかりやすいですよ。

     

     

     


    ロードバイクTCR号のサドルを交換した。

    0

      TCR号のサドルがくたびれてきました。

       

      まぁ、6年も使ってるし元は充分に取っているのですが、

       

      いままで交換しなかったのは特に不満もないような気もして

       

      今まで使っていました。

       

       

      でも、最近は前傾姿勢を深く取ると尿道の圧迫を感じるのと、

       

      もう少し細身の方が足を回しやすくなるような気がしてました。

       

      消費増税の前に買っておくかと思ったのですが、サドル沼という

       

      言葉があるようにサドルは星の数ほど世の中に存在します。

       

       

      うーん・・。

       

      そうねぇ・・・。

       

      消去法で行きますか・・・。

       

      という事でTCR号の故郷のジャイアントのHPを拝見。

       

      最初は3000〜5000円くらいのものでよいかなと思ってたけど、

       

      見てるとだんだん考えが変わってきて結局これにしました。

       

       

       

      「CONTACT SL FORWARD」

       

      松竹梅で言えば「竹」でしょうが普通の人からしたら

       

      サドル一つでこの値段は正気を疑われるでしょうね。

       

      でもこれで年間1万キロ走ると思えば・・ね。

       

       

       

       

      消費増税前に買ったんだけど今一度サドルセッティングを

       

      見直したくて帰るまで1ヵ月引っ張りました。

       

      それにしても、ならべて見るとずいぶん大きさが違います。

       

      こんなのに乗って大丈夫かしら。

       

       

       

      普通の人からしたらアホみたいな値段のサドルですが

       

      自転車人ならこの値段帯でカーボン製でこの重さは

       

      素晴らしいコスパだと判ってくれるでしょう。

       

       

      自転車乗ってるけどわからないという人はもっと

       

      自転車雑誌やカタログを眺めてみましょう。

       

      そのうち金銭感覚がおかしなことになってるから。

       

       

       

      デフォでついてたやつ。

       

      約140gの軽量化。

       

      でも私、サドルバック派なのでほとんど軽さは関係ないと

       

      思ってます。

       

      ちなみにサドルバックは500gあります。

       

       

       

      おっ!!

       

      なんか「シュッ!!」ってなってかっこよくなった!!

       

      って言ったら家族からは「わからん」「まちがいさがしか」と

       

      言っ反応です。

       

      そうだよね。

       

      -------------------------------------------------------------

       

      で、交換してから1000km走ったけどいい感じ。

       

      今までよりも細いから同じ感覚で回したら膝をしこたまぶつけました。

       

      それにしてもストレスなく回せます。

       

      良い買い物でした。

       

       

       


      ロードバイク(14年 TCR01)部品交換履歴の覚書

      0

        ロードバイクの消耗部品を色々変えてますが、

         

        なんだかわからなくなってきたのでまとめます。

         

         

        2013年10月24日 新車到着

         

        2019年1月12日 オーバーホール終了 26756km

         

        <サドル交換>

        2019年11月10日 36372km

         

        デフォルトのサドルがくたびれてきたので交換。

        CONTACT SL FORWARDへ交換。

         

         

        <ホイール>

         

        2019年1月12日

         

        付属のホイール(P-R2)のリムが割れてきたので更新

         

        シマノ WH-RS100

         

        マヴィック コスミック プロ カーボン(26756km〜)

         

        2019年12月1日 

         

        コスミックス プロ カーボン オーバーホール

        (37039km)

         

         

         

         

         

         

        <タイヤ交換>

         

        2015年3月29日 4000km 

         

        デフォルトのタイヤ摩耗のため→ミシュラン リチオン2 23Cへ交換

         

        2015年7月31日 6635km

         

        タイヤ破損のため同じくリチオン2 23Cへ交換

         

        2016年9月25日 12222km

         

        リチオン2 23Cからパナレーサーカテゴリー2 23Cへ交換

         

        2017年3月19日 14449km

         

        カテゴリー2破損・摩耗のためリチオン2 25Cへ交換

         

        2017年10月1日 18221km

        リアのリチオン25Cが摩耗のためかパンクが多くなってきた。

        フロントはまだ摩耗してないのでフロントをリアへ移植。

        フロントには不良在庫になっているリチオン2 23cを履かせました。

        23Cを使いきったら今度からタイヤは25Cにしようかと思います。

         

        2018年4月29日 21864km

        フロントのリチオン2 23Cがサイドカットのため交換。

        リアのリチオン2 25Cも摩耗してるので思いっ切って交換。

        リア・フロントともにビットリアのザフィーロ 25Cに交換。

        1本50gも重量UPで大丈夫か・・。

         

        2018年10月8日 25226km

        約半年、ザフィーロという重量タイヤを使用してましたが

        夏も終わったしタイヤを交換してみました。

        高級なタイヤに変えるをよくわからなくなるので

        マイスタンダートタイヤ「ミシュラン リチオン 23c」に交換。

        さらにチューブも軽量ブチルの

        「MAXXIS(マキシス) ウルトラライト チューブ 700x18/25C 仏48mm2段」

        に交換し、一本100gの軽量化に成功。

         

        さて、乗り味は・・確かに軽い!!

        出だしやダンシングレスポンスは確かにUP。

        体感的には40%くらいは楽な感じ。

        ハイケイデンスでの速度維持は楽になったかも。

        そこで、いつもの1時間TTの結果。

        ザフィーロ25c+普通のブチルチューブ→31.7km

        リチオン23c+軽量ブチル→32.7km

         

        約3.2%の速度の上昇。

        ・・・微妙?

        計算上は13wくらいの削減?

        でも、仮にさらに軽量なホイールで300gもリムを軽量化できれば

        10%の速度上昇・約40wの削減になるわけで決して小さくないのかも・・。

        しかもね今の鉄下駄ホイールのリムったら、ニップル穴からクラック入ってしかもフレてるんですよ。

        ホイール換えたら速くなれるのかしら・・・っと妄想中。

         

         

        2019年6月2日

        31272km オーバーホール(26756km)から使っていたコスカボのリアタイヤが

        減ってきたのでフロントタイヤをリヤに移してフロントに「コンチネンタルグランプリ5000」を

        入れました。約4500kmでダメになりました。こんなもんかな。

         

        2019年10月6日

        35373km リアのコスカボのタイヤがとうとうケーシングが出てきたので

        フロントの「コンチネンタルGP5000」をリアに回してフロントに新品のGPを

        付けました。

        これで前後GPになりました。

        なんかいい感じがする。

         

         

         

         

        <ブレーキシュー>

         

        2015年10月30日 8170km

         

        デフォ摩耗のため→シマノR55C3へ交換

         

         

         

        <ステム交換>

         

        2017年2月21日

         

        TOSEEK アルミステム110mmに交換。

        その後110mmステムが良かったのと、このステムの

        のネジが飛んだので、「シマノプロLTシステム110mmアングル6°」に

        交換しました。

        やっぱり、自転車の部品は命にかかわるので安いのはどうも・・。

         

        2018年9月16日

        フォームおよびポジション改善のため

        「シマノプロLTシステム110mmアングル17°」に交換。

        前傾姿勢が深くなった。

        前傾が深くなっただけでなくサドルの高さを上げたような感覚にもなる。

        サドルをこれ以上あげると膝負担が不安。

        でももう少し前傾にしたい場合ステムとスペーサーで調整するのが良いのかも。

        今回、5mmのスペーサーだけ残して後は外しました。

        大幅にハンドルを下げたわけですが案外大丈夫でした。

         

         

        <チェーン交換>

         

        2015年12月19日 8888km

         

        2017年3月25日 14489km

         

        2017年11月25日 19002km

         

        2018年11月3日   25758km

         

        2019年6月2日 31272km

         

        2019年11月30日 37039km

         

         

         

        <テンショプーリー交換>

         

        2017年3月30日 14612km

         

        2018年5月4日 21934km

        なんだか変速の調子が悪いチェーンは大丈夫だし・・

        テンションプーリを交換してみるも変わらず。

        ディレイラー側に倒してから調子悪いような・・。

        ハンガーは大丈夫そうだからディレイラー交換かなぁ・・・。

         

         

         

        <バーテープ交換>

         

        2016年12月18日 13214km

         

        2017年10月23日 18634km

         

        2019年1月12日 オーバーホール時交換 26756km

         

         

        <ブレーキワイヤー&インナー>

         

        2016年12月18日 13214km

         

        2019年1月12日 オーバーホール時インナーアウター交換  26756km

         

         

         

        <シフトワイヤー&インナー>

         

        2015年9月25日(ワイヤーほつれのためインナーのみ交換)

         

        2016年12月18日 13214km(ワイヤーほつれのためインナーとアウター交換)

         

        2017年11月25日 19010km(ワイヤーほつれのためインナーのみ交換)

         

        2018年9月12日 24631km(ワイヤーほつれを発見したため交換)

         

        2019年1月12日 オーバーホール時インナーアウター交換 26756km

         

        2019年6月29日 32052km(BB下でほつれ発見。インナーのみ交換した)

         

         

        <SPDペダル>

         

        2017年9月5日 17742km 初の左クリート交換 

         

        2018年5月4日 21934km 

        左足のみどうしてもべダルが外れてしまう。

        クリートは交換したばかりだし・・。

        思い切ってMTBに装着してから全然使用してないPD-T420に交換。

        PD-A530 は約5年間約23000km使ってたことになる。

        それでもベアリングはピンピン。

        シマノスゲーな・・・。

        でも、外れる症状は変わらず・・?。

        クリートの固着力を上げたら治ったような・・?

        謎です。

         

         

        <SPD−SLペダル>

         

        2018年9月2日 24344km

         

        SLペダルに交換。

         

        2019年7月26日 33017km

        黄色クリートが減ってきたので青クリートに交換

        すごい8600kmも使えるんだ。以外に長寿命です。

         

         

        <リムテープ交換>

         

        2017年9月21日 17962km 初のリムテープ交換

         

         

         

         

        <リアディレイラー>

         

        2019年1月12日 26756km

         

        OHの時、歪みがあるためRD-57001更新

         

        ハンガーも新しいものに交換。

         

         

        -------------------------------------------------------------------

         

        以上になります。

         

        どの部品も大体1万km位が交換目安かも。

         

        出来れば5000kmで交換が望ましいのかも。

         

         

        特にシフトワイヤーは5000km持てばいい方で切れてほつれると

         

        かなり交換が厄介です。

         

        4000kmほどで交換するのが賢いかもしれません。

        各種、気が向いたらリンクを張るかもです。

         

         


        | 1/491PAGES | >>

        PR

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << March 2020 >>

        Weather

        archives

        recent comment

        • ロードバイクオーバーホール中のトレーニングをどうするか・・・考えた。
          オッター (12/28)
        • ロードバイクオーバーホール中のトレーニングをどうするか・・・考えた。
          ななし (12/27)
        • フィット君さようなら!!ようこそロードスター!!ロードスターが納車されました。
          オッター (08/08)
        • フィット君さようなら!!ようこそロードスター!!ロードスターが納車されました。
          ななし (08/08)
        • 話題のハンドスピナーを買って見ました。
          オッター (07/24)
        • 話題のハンドスピナーを買って見ました。
          ななし (07/24)
        • どうやって奥さんを説得したのですか?私がロードスターに乗れるわけ。
          オッター (07/09)
        • どうやって奥さんを説得したのですか?私がロードスターに乗れるわけ。
          ななし (07/09)
        • どうやって奥さんを説得したのですか?私がロードスターに乗れるわけ。
          オッター (07/09)
        • どうやって奥さんを説得したのですか?私がロードスターに乗れるわけ。
          ななし (07/09)

        recent trackback

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM