NDロードスターの楽しい(?)雪道生活。ぁ兵崑瞭胆)

0

    はい、それでは「NDロードスターの楽しい(?)雪道生活」です。

     

    今度は「車体特性」を解説してみたいと思います。

     

    ・ロードスターの雪道走破性

     

    ・FRの特性

     

    ・DCS&TCSをうまく使おう

     

     

     

     

     

    「ロードスターの雪道走破性」

     

    ロードスターの最低地上高がいくつかご存知でしょうか?

     

    正解は「140mm」です。

     

    対してこちら新潟でもよく走っている「デミオ」の

     

    最低地上高はなんと「145mm」だったりします。

     

    たった5mmしか違わないのです。

     

    なので基本、デミオが走れる道はロードスターも走れます。

     

    駆動方式の違いもあるのですが雪道の走行性能は

     

    私の感覚では「FFの軽自動車よりいい」って感じです。

     

     

    意外にロードスターは悪路でも走れるのです。

     

     

     

     

     

    「FRの特性」

     

    FRの車は大変でしょ?

     

    よく言われますが車体特性を把握してれば言うほど大変でもないです。

     

     

    でも、FF車に比べると確実にトラクションはかかりませんね。

     

    理由は車体重量が最も重いエンジンが車軸の上にないから。

     

    つまり荷重不足でタイヤがグリップしないのです。

     

    ですが、ロードスターはフロントミッドシップ+前後重量加重がほぼ

     

    50:50なのでまだマシなほうかと思います。

     

     

    ただしシーソーの原理で今度はフロントの荷重が減っているので

     

    操舵に影響が出ます。

     

    つまり、全体に限界が低いです。

     

     

    でも普通のFR車に比べるとマシだと思う。

     

    だって、後ろのFR車がスピンしてたけどこっちはピンピンしてたし。

     

     

     

    やっぱり「駆動輪に荷重(重さ)」のかかっている「FF」の方が

     

    発進が有利だし、引っ張る形の方が押し出す形になるFRより

     

    安定した走行ができます。

     

    さらに車体がお尻を出した時(オーバーステア)になったとき反対側(滑る方向)に

     

    ハンドルを切る(カウンターステア)を行うのは少し経験や熟練が必要です。

     

     

    っと、つらつらネガな部分を書いちゃいましたが現実に感じたのは

     

     

    「FRは限界が低い」ということです。

     

    でも、今はスタッドレスタイヤの進歩のおかげかなんとかなってます。

     

    さらに優れた電子制御がドライバーを助けてくれてます。

     

    これは後でも触れます。

     

     

    今は「FRの心得」に重点を絞りますと。

     

     

    ・基本的にFRは低摩擦での発進は苦手

     

    ・基本的にFRはお尻を振りやすい

     

    ・お尻を振ったらカウンターステア(逆ハンを切る)

     

     

    加重のかかりにくいFRは低摩擦での発進は苦手なので

     

    クラッチミート&アクセルはできるだけ優しく。

     

    カーブなどの途中での乱暴なアクセルのオンオフはお尻を

     

    ふる原因になります。

     

    もし降ったら逆ハンで対応です。

     

     

    要するに「急」のつく操作は避けましょうということですね。

     

    どんな車種にも当てはまることですがFRはより注意した方がいいですね。

     

    基本、凍った路面や積雪は危険なので滑らせない運転が前提です。

     

     

    でも、結構限界は高いから安全を確認して色々試して感覚をつかみましょう。

     

    無茶をしなければ案外大丈夫です。(自己責任ね)

     

     

     

     

    「DCS&TCSをうまく使おう」

     

    「DCS&TCS」この電子制御技術のおかげで

     

    ずいぶんロードスターの雪道運転の間口が広がったと思います。

     

    これをONにしてるとしてないとでは雪道での精神的な負担がかなりへります。

     

    OFF時の雪道の気の使い方が「10」だとするとONの時は「6」ぐらいの感覚です。

     

    たとえお尻を振りながらでも雪道や凍結路面を発信できるのはこれの恩恵です。

     

    ざっくり言うと

     

    「DCS」

     

    車体が不安定になると車の方が勝手にブレーキを操作して(しかも4輪独立)

     

    車体を安定させる技術。

     

     

    「TCS」

     

    タイヤが空転すると車の方が勝手にアクセルをOFFにしてくれる技術。

     

    滑らないようにゆっくりアクセルONにしてくれます。

     

     

    こんな便利なDCS&TCSですが弊害もあります。

     

    たとえば、ちょっと雪が深い。

     

    でも、このままアクセルを吹かしていけば行ける。

     

    ってときです。

     

    なんと、空転してると思った車が勝手にアクセルをOFFにして

     

    くれるおかげで全くエンジンの回転数が上がらないのです。

     

     

    こんな時はDCSをOFFにします。

     

    すると事態は一変、無事にエンジンの回転数が上がり

     

    深雪から抜け出すことができました。

     

    めでたし・・・。

     

    ってことでこういった機能も上手に使ってピンチを切り抜けましょう。

     

     

     

    ちなみにDCSをOFFにした状態でタイヤが空転すると

     

    空転しているタイヤにだけブレーキをかけて駆動力を確保する・・・。

     

    いわゆる「ブレーキLSDモード」になるみたいです。

     

    最初はキャンセルしてるのになんか働いて驚きましたけどね

     

     

     

     

    なので私のロードスターはLSDが入ってないのにコツをつかむと

     

    意外にドリフトしてくれます。

     

    さらにこれがあればLSDが入ってなくてもいいんじゃね?

     

    って感じです。

     

    雪国でLSD有か無しで迷ってる人は必見です。

     

    LSDがなくてもノーマルデフでもなんとかなります。

     

    最も私はフィット時代に「左足ブレーキ」でこれを再現してました。

     

    ただ、ロードスターのこの機能の方が私の左足より上手ですね。

     

     

    最近は素直な挙動なのでDCSをOFFにして走る機会が多くなりました。

     

     

    車体特性はこんなところでしょうか。

     

    またなにかあれば追記します。


    NDロードスターの楽しい(?)雪道生活。(心得編)

    0

      はい、それでは「NDロードスターの楽しい(?)雪道生活。」の

       

      心得というか雪道通勤の注意点です。

       

       

      ・できるだけ安全な道を選ぶ

       

      ・できるだけ通行量の多い道を選ぶ

       

      ・時間に余裕をもって

       

      ・あきらめも肝心

       

       

       

      「できるだけ安全な道を選ぶ」

       

      私は雪の降らない時期に通勤のルートを何通りかシュミレーションしてました。

       

      ・消雪パイプのある道を選ぶ

       

      ・できるだけ市街地を走る

       

      ・大きな道(県道や国道)を選ぶ

       

      ・時間に余裕をもって

       

       

      というのを意識しています。

       

       

      消雪パイプのあるルートは当然ですね。

       

      大雪が降っても消雪パイプがある道は比較的走れます。

       

       

      大雪が降っても市街地を走る方がよかったりします。

       

      地吹雪が防げるからです。

       

      田んぼの真ん中の道とか最悪です。

       

      地吹雪だけでなく吹き溜まりに埋まる可能性もあります。

       

       

      大きな道は優先的に除雪が行われます。

       

      要するに「できるだけ雪に遭遇しないルートを選ぶ」。

       

      当たり前ですが基本です。

       

      これはロードスターだけでなく全ての車で言える事です。

       

      危ない橋は渡るべきではないのです。

       

       

       

      「できるだけ通行量の多い道を選ぶ」

       

      通勤ルートが上記のルートにどうしても外れてしまう場合もあります。

       

      全部が全部理想的な道ではないはずです。

       

      そんな場合でも出来るだけ通行量の多い道を選ぶとまだマシです。

       

      常に車が通る道であれば雪が溜まりにくいからです。

       

       

       

      「時間に余裕をもって」

       

      これはそのままです。

       

      時間に余裕をもっていきましょう。

       

      余裕がないと安全な運転もできません。

       

      ゆっくりノロノロ運転でも自分の好きな車に乗っていると

       

      楽しいと感じる私は幸せなのかもしれません。

       

      (いや、変態でしょう)

       

       

       

      「あきらめも肝心」

       

      人生諦めも肝心です。

       

      遅刻してもしかたありません。

       

      安全に事故なく無事に着くことが大切なのです。

       

       

      実は、フィット時代から1シーズンに1〜2回は通勤を

       

      断念する日があります。

       

      大雪が降って家の前の道路に除雪が入らないともうアウトです。

       

      こういう日はメインの道路もダメです。

       

      なので申し訳ないのですがこういう日は有給を使わせてもらいます。

       

      っていうかこんな時しか有給が使えない・・。

       

      いや、こんな日くらい使わせろ!!

       

       

      でも、こんな日に出かけるのは本当に命がけになります。

       

      そこまですることはないのではと私は思います。

       

      死んじゃったり大けがしたら元も子もないですよ。

       

       

       

       

      以上、普段から心がけていることです。

       

      続きます。


      NDロードスターの楽しい(?)雪道生活。◆柄備編)

      0

        はい、それでは「NDロードスターの楽しい(?)雪道生活。」を

         

        解説していきたいと思います。

         

         

        まずは、「装備編」。

         

        雪道を走るにあたって私は以下の装備を準備しました。

         

         

        ・スタッドレスタイヤ

         

        ・携帯スコップ

         

        ・牽引ロープ

         

        ・使い捨てカイロ(貼り付けできるタイプ)1箱

         

        ・手袋

         

        ・防寒着

         

        ・氷解スプレー

         

        ・ガソリンはできるだけ満タン(2月17日追記)

         

        になります。

         

        スタッドレスタイヤ以外はすべてトランクに入れてます。

         

         

        「スタッドレスタイヤ」

         

        これは冬装備の必需品です。

         

        よく「FR車は雪道に弱い」というような事を言われますが

         

        なんだかノーマルタイヤが前提の話のようなのです。

         

        ちゃんとしたブランドの最新のスタッドレスを使っていれば

         

        今どきのFR車はちゃんと走れるものです。

         

        都心の人たちはノーマルタイヤで雪道を走り回るみたいですが

         

        絶対にやめた方がいいです。

         

        もうねタイヤの噛みつき方が全然違います。

         

        これは実際に自分で実験した方が良いかもしれません。

        (でも安全なところでやってね。自己責任ね。)

         

         

         

        「携帯スコップ」

         

        これは転ばぬ先の杖というか保険というか一応の装備です。

         

        「キャプテンスタッグ シャベル スコップ スチール FD バッグ付M-3249 」

         

        というものを購入しました。

         

        まぁ、これは使わないのに越したことがないやつです。

         

        スタックしたときとかに強い味方かもしれません。

         

        幸いにも今のところ出番はありません。

         

         

        「牽引ロープ」

         

        どこかでスタックしたりした場合、これがあるとスムーズに助けて

         

        もらえるかもしれません。

         

        折角、親切な人がAWD車で手伝うよと言ってくれてもこれがないと

         

        どうしようもありません。持ってても損はないです。

         

        私の場合ブースターケーブルとのセットで売っていたのを数年前に

         

        買っていたのでこれをそのまま入れてます。

         

        今のところ一度も出番はないですが・・・。

         

         

        「使い捨てカイロ」

         

        これは防寒着と合わせた使用になるのですが、こちらも保険です。

         

        冬道で事故を含めてトラブルになるとすぐに現場からは抜け出せない

         

        場合が多いです。

         

        悪くすると数時間は寒い中に放りだされる危険性があります。

         

        そうすると本気で命の危険にさらされます。

         

        とにかく車内にこもって暖が取れればいいですがエンジンが

         

        かからない状況ではこのホッカイロが効果を発揮するはずです。

         

        私のお勧めは靴下に張るタイプ。

         

        一袋に2つ(一足分)入っています。

         

        これを背中、お腹、足先、手などに張ると良いかと思います。

         

        1回6時間持つタイプが多いかと思います。

         

        通常はそれで間に合いそうですが、今回の福井のように

         

        数十時間も閉じ込められるとお手上げですね・・。

         

        この辺りどのくらい携帯するかは各自の判断でしょうね。

         

        これも今のところ出番がありません。

         

        よかった・・・。

         

         

         

        「手袋」

         

        意外に忘れがちなのであえて別に書きましたが、手袋大事です。

         

        スキーに使うような防水性のあるしっかりしたタイプをお勧めします。

         

        とは言えホームセンターや大型スポーツ店などで1000円〜2000円で

         

        購入できるもので十分です。

         

        もちろん、スキーorスノボーをされる方はそれを携帯すればOKです。

         

        携帯スコップで雪かきをするにしても車内にこもるにしても手袋があるとないでは

         

        大違いです。

         

        ホッカイロと合わせて使用するのを推奨します。

         

        手袋なしで屋外での雪かきは最悪、凍傷の恐れがあります。

         

         

         

        「防寒着」

         

        私は運転するときは軽装なのですが(運転しにくいから)

         

        防寒着は必ず車においてます。

         

        上下しっかりした防寒着を用意するのをお勧めします。

         

        スキーorスノボーウエアがある人はそれでもOK。

         

        そういう感じの防寒着が一段安くホームセンターにおいてあるので

         

        それでもいいです。

         

        使い古しのコートやダウンなどでもいいです。

         

        これも散々かいてますがトラブル時暖をとれないときに使います。

         

        これらの装備は出番がない方がいいのは言うまでもありません。

         

         

         

        「氷解スプレー」

         

        これはシーズン中に追加した装備です。

         

        ロードスターは車体が扁平なのでヘッドライトが下の方にある上に

         

        普通の車に比べて細い形になっています。

         

        さらに、発熱量の少ないLEDライトが災いし

         

        「ヘッドライトに雪が溜まる&凍り付く」

         

        という現象が起きました。

         

        これによりだんだんとライトの光量が減るという恐ろしい事態に

         

        なりました。

         

        想像してみましょう。

         

        夜間の走行で地吹雪がひどい中、さらにヘッドライトの光が

         

        消えていくのです。

         

        最初は原因わからなくて怖かったですね。

         

         

        そこで、この氷解スプレーを導入してみました。

         

        ヘッドライトだけでなくドアミラーにも使用してます。

         

        これはあると便利かなといった感じです。

         

         

        ガソリンはできるだけ満タン(2月17日追記)

         

        ガソリンは半分近くになったら必ず満タンにしています。

         

        理由は、少しでも車体重量を稼ぎトラクションを得るため。

         

        もう一つは渋滞などにはまったりしたときガソリンが少ないと

         

        思いの他ガス欠になりやすいためです。

         

        ガス欠になると車が動かなくなるのは勿論、暖房もなくなるので

         

        非常に寒いです。

         

        また、渋滞を作る原因になり新たな災害が起こる可能性もあります。

         

        スタックして救助を待つときもしかりです。

         

         

        本当はチェーンもあれば安心かもしれませんが

         

        今のところ用意してません。

         

        この辺りは各自の判断にお任せします。

         

        (もしかしたら山道を走る人はあった方が良いかもね)

         

        まぁ、どれもこれも出番がない方が良いのが言うまでもありません。

         

         

        思いのほか長くなったな。

         

        次回に続きます。

         

         


        | 1/477PAGES | >>

        PR

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728   
        << February 2018 >>

        Weather

        archives

        recent comment

        • フィット君さようなら!!ようこそロードスター!!ロードスターが納車されました。
          オッター (08/08)
        • フィット君さようなら!!ようこそロードスター!!ロードスターが納車されました。
          ななし (08/08)
        • 話題のハンドスピナーを買って見ました。
          オッター (07/24)
        • 話題のハンドスピナーを買って見ました。
          ななし (07/24)
        • どうやって奥さんを説得したのですか?私がロードスターに乗れるわけ。
          オッター (07/09)
        • どうやって奥さんを説得したのですか?私がロードスターに乗れるわけ。
          ななし (07/09)
        • どうやって奥さんを説得したのですか?私がロードスターに乗れるわけ。
          オッター (07/09)
        • どうやって奥さんを説得したのですか?私がロードスターに乗れるわけ。
          ななし (07/09)
        • NDロードスターSパッケージのお値段について。
          オッター (07/08)
        • NDロードスターSパッケージのお値段について。
          ななし (07/08)

        recent trackback

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM